便通による悩みは早急に解決【便通改善方法を知ろう】

腸のイラスト

便通が体に与える影響

便通が阻害されて便が長い期間、腸内に溜まっている状態が継続すると、腸内環境が悪化します。例えば腸内に悪玉菌が増えて体に悪影響を及ぼすガス類(硫化水やアンモニア等)が発生します。さらに腸内で発生した有害な物質は腸内にとどまらず、腸壁を通じて身体中を巡り肌荒れや体調不良の原因になります。したがって、単なる便秘と甘くみることはできず、早い段階で便通改善のための処置を行う必要があります。
また、無理なダイエットなどで腸内の食物繊維が不足すると、便秘になりやすくなります。エネルギーを消費するために代謝能力が低下することで、痩せるどころか太ってしまうことになりかねませんので、摂取する栄養素には注意しましょう。

便通改善効果のある栄養素TOP5

ウエスト
no.1

便通に良いといえば食物繊維

食物繊維がしっかりと摂ることが便意解消の一番の方法と言っても言い過ぎてはありません。多くの日本人は、ふだんの食事で十分な食物繊維が摂れないことが多くありますので、便秘解消のため意識的に摂取することが大切です。例えば、サプリメントやスムージーなどを活用すると、効率的に摂取できますのでお勧めです。

no.2

脂肪酸の一種であるオレイン酸

オレイン酸はオリーブオイルなどの食材に含まれている脂肪酸の一種であり、美容や健康増進に効果があります。体の中に入ると血中の悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防効果があります。腸のぜん動運動を促す作用もあり、便秘解消にも効果を発揮します。

no.3

腸内環境改善が期待できるオリゴ糖

オリゴ糖は腸内細菌の働きを調整し、便秘の症状を改善する効果があります。悪玉菌の働きを抑え、善玉菌の働きを助けますので腸内環境が改善されます。その結果、便秘解消だけでなく、美容や健康促進にも寄与しますので有用です。また継続的に摂取することが、効果を実感する上で重要です。

no.4

美容にも健康にも欠かせないビタミンC

美容や健康に幅広く有効であり、ビタミン群の中でもメジャーなものです。また便秘解消に寄与することも広く知られています。すなわち腸内の乳酸菌が増えるために欠かせない成分であり、善玉菌の働きが促進されます。そして腸内環境が良好な状態となり、便秘状態を解消するといった具合です。

no.5

腸の働きを良くするビタミンE

抗酸化作用があるビタミンとして有名であり、いわゆる若返り効果が期待できたり、健康増進に幅広く寄与したりする成分とも言われています。例えば動脈効果の予防や血行改善など、幅広い健康増進効果があります。さらに腸のぜん動運動を助ける作用もあり、便利解消の一助となる栄養素であるとも言えます。

自宅でできる便通改善方法

腸のぜん動運動を促進するために、朝食前にコップ一杯程度の水分補給が効果的です。また葉野菜や果物を原料にしたスムージーを、水の代わりに飲んでも良いでしょう。胃腸の働きを刺激して、お通じの改善につながります。短時間に摂取できる方法ですので、自宅でカンタンにできるのがメリットです。また、朝の軽い散歩を並行して行うとより効果があります。